≪ 精神障害者手帳 ≫ 

取りあえずもらっておいて下さい。
失業時の、失業給付の延長や、障害者控除のために、急いで必要となることがあります。

手帳取得のための費用
 ・自立支援・精神通院と同時に申請
   それ用の診断書用紙があります。
   障害者手帳の申請で、+写真代700円程が必要
 ・障害者手帳のみを申請
   診断書代と写真代が必要
 ・障害年金を受給している場合
   1)障害年金と同じ等級でよければ、診断書は不要
    写真代700円のみ、必要
   2)障害年金以上の等級が要る場合
    診断書代と写真代
    障害年金の等級以下になった場合は、再度、障害年金の
    証書で申請し、年金と同じ等級に上げることが出来ます

使わなければ、不利益が生じることはない、と三毛は思っています

 
障害者手帳の用途
 1)ハローワークの制度・・・
   失業保険の延長給付
←大変、重要です。
 2)生活保護の障害者加算
 3)障害者枠への就職・・・
   可能ですが、精神障害者の募集は、ほとんど無いのが実情
   です
 4)所得税の障害者控除
   ・・・普通の所得の場合、2万7千円、税金が控除されます。