皮膚の表面ではなく、身体の中になんともイヤな感じが出たら、 そしてその症状が、体を動かすことによって軽くなるようなら、アカシジア・慢性アカシジア・ムズムズ脚を疑ってみて欲しい。

 というのは、他のブログを読んでいたら、どうみてもアカシジアと思われる症状に、時たまではあるが出会うからである。(コメントを書き込める場合は、無論、アカシジアを疑ってみてほしい、と書き込む)

困るのが、上記の3つの症状が同じであることである。
で、三毛なりに簡単にまとめてみる。
(正確なことは厚生労働省 の長~いPDFをお読み下さい)

1)アカシジア    

     新しい抗精神病薬などを飲み始めて、平均3日~2
    週間(三毛の場合はセロクエルを初めて飲んで30分
    くらいで)、背骨に沿って電気が走った。
    新しく処方された薬が、抗精神病薬かどうかは、
ハイ
    パー薬辞典 で、薬の名前を打ち込み、「統合失調症な
    どに用いられる」と書いてあれば、可能性が高い。
     抗精神病薬以外でも起こすことがあるので、正確
    には、その薬を処方した調剤薬局に、電話して聞いて
    みよう。
     遠慮は要らない コレに答えるのも調剤料の内で
    ある。
     その薬を飲むのを止めれば、すぐ治る。

2)慢性アカシジア
     まず、アカシジアでないことを、まず確かめる。つま
    り3ケ月以上前から飲み始めた抗精神病薬を疑う。
     三毛の場合は、めまいで点滴の中に入っていた吐
    き気止めが原因ではないか、と疑っている。
     めまいで失神し、救急車で運ばれた場合を考え、
    運転免許証入れにハッキリと、「××の薬に特異体質
    あり。使用禁忌」と書いてある。 
     主治医は三毛の症状に対し「別の精神病」と言うだ
    けで、病名は教えてくれない。
     最初は膝から下が、ジンジンしびれるような感じだ
    ったのが、だんだん居ても立ってもいられないようにな
    り、しかも、症状が出るのは夜中の0~1時頃。
    家にいると、つい座ってしまい、強い不快感に襲われ
    るので、深夜の工場街をウロついていた。
     
     現在の三毛の処方:眠前にリボトリール1mg、アキネ
    トン1錠、レグナイト2錠(レグナイトが発売されてから、
    ずい分症状が軽くなった)。 頓服としてリボトリール
    1mg、アキネトン1錠。
     三毛が原因だと勝手に思っている吐き気止めを止
    めてから3年くらいになるかと思うが、症状が軽くなっ
    てきているのは、それも一因かもしれない。

3)ムズムズ脚
     まず、アカシジアでないことを確かめる。
     就寝時間くらいに症状が起こるという特徴がある。
     三毛も夕方~夜中の2時くらいに起こることが多い
     ので、ムズムズ脚かもしれない。
     特効薬があるのだが、ドーパミンに作用するので、
     我々そううつ病患者には使えない。
     三毛のような処方になるのではないか、と思う。

とりあえず、身体の中になんとも嫌な感じがしたら、我慢せず調剤薬局に電話しよう