甲状腺ホルモンが減ると、身体の中のエネルギーの代謝が落ち、動きたくなくなりますが、

それより、私たちにとって問題なのは、リーマスで甲状腺機能が落ち、脳下垂体が「もっと、甲状腺ホルモンを出せ」と興奮し、おまけに脳の中にある、甲状腺ホルモンの総司令部が、興奮する。
その総司令部が、感情を司る脳の部分に近いため、ウツに陥りやすくなる。

更年期性ウツと、同じメカニズムです。

リーマスを飲んでいる人で、甲状腺ホルモンの血液検査を受けていない人は、是非、受けてください。
F3とかF4と書いてある甲状腺ホルモンの値が正常でも、TSH(甲状腺刺激ホルモン)の値が上がっているなら、甲状腺ホルモン剤(チラーヂンS)飲むことになります。

甲状腺ホルモン剤を飲んだら、エネルギー消費が増えて、ダイエットできるかって?
甲状腺ホルモンが正常値より上がるところまでは処方してくれませんので、エネルギー消費量は変わらず、ダイエットはできません。

悪しからず