H27年4月記

65才未満の場合、ヘルパーを派遣してもらうことは、自立支援・居宅(きょたく)介護、と言います。

お住まいの地域の”障害者地域生活支援センター”が窓口となります。
(市役所等の障害福祉課などへ電話すれば、連絡先を教えてもらえると思います)
そこで、障害程度区分&受けられるサービスや回数を決定してもらい、事業者を決めサービスを受け始めます。
   以上、神戸市・居宅介護等:利用の案内のパンフレットより

その後、定期的にサービスの見直しが行われます。
          社会福祉協議会 パンフレット、P14~15

費用ですが、利用の料金は1割負担ではなく、収入によって上限額が決められております。


生活保護世帯&住民税非課税世帯の場合は無料。
市町村民税の所得割が16万円未満(概ね、所得が600万未満)の世帯の場合は9300円。
それ以上の世帯の場合は37200円となります。
        社会福祉協議会 パンフレット、P16~17より

65才以上の場合は、老人の介護の制度を利用することになります。
市役所などの老人福祉課で地域包括支援センター(65才未満の場合の連絡先と、よく似た名前ですが、異なった場所になります)の連絡先を、聞いてください。 

ウツで寝込んでしまい、人間らしい生活が出来なくなる時期が長いアナタ。
他人が家に入ってくることに抵抗がなければ、ヘルパー派遣を考えてみませんか?

せいんさん、情報提供、ありがとうございました。